マイハートな話

okitanyome.exblog.jp

菓子博1年前イベント

全国菓子大博覧会(ひろしま菓子博)の、1年前イベントで演奏♪

a0047200_19553278.jpg


「お菓子な音楽会」などというタイトルがついていて、考えたよ!

お菓子の曲っていってもねぇ~~~

お菓子の名前の曲は、調べたらいろいろあったけど、

みんなが知らないものばかりだし、

知っていても、

だんご三兄弟とか・・・

およげたいやきくん・・・・・・・・・・・





結局、こじつけっぽく、

みかんのアレとか、もみじとか、さとうきびのアレ(^^ゞ

そして、お菓子につきものは、『愛053.gif』・・・

愛の曲は、いっぱいあるからネ!

そんなこんな曲を、演奏しました♪





ダンスのリハーサル

a0047200_19552744.jpg



セレモニーで、工芸和菓子の、お披露目除幕式

a0047200_20374653.jpg


これも、お菓子で出来ている、工芸品、洋菓子

ものすご~~~~~~~~く細かい!!!!!!!

a0047200_19552932.jpg

a0047200_19552847.jpg



こっちは、和菓子

ほんとに、お菓子なんでしょうか?!?!?!?!


a0047200_19553096.jpg

a0047200_19553080.jpg

a0047200_1955318.jpg



「お菓子な音楽会」のあと、クイズや、お菓子実演など

楽しそうな催しが、いろいろありましたが、

このあと、安芸区で、演奏があったので残念・・・


a0047200_20374433.jpg


来年の、菓子博がほんとに楽しみです!


    
   067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif 067.gif



12年4月19日の中国新聞の社説に感動しました。

ひろしま菓子博 あと1年 「平和の味」かみしめて


 全国菓子大博覧会(ひろしま菓子博)の前身が戦前に開催された会場は、県立商品陳列所だった。現在の原爆ドーム(広島市中区)である。その後、原爆投下で優美なデザインの会場も、広島の菓子文化も壊滅的な打撃を受けた。「甘味は平和の象徴」。復興をとげた街で来年、大輪が再び咲く。

 西洋の街角を思わせる陳列所の外観と元安川。ゲートをくぐる和装の子ども―。にぎわいを伝える写真が当時の報告書に残る。

 菓子博の前身「全国菓子飴(あめ)大品評会」は1921年4月1日に開幕。15日間で約14万人が来場した。広島市の当時の人口は約16万人。「いかに盛会なりしかを察するに足るべし」とつづられている。

 城下町、軍都として栄えてきた広島。戦前は350人余りいた菓子業者の大半が、原爆の犠牲になったという。失われた技術も少なくない。

 菓子業者は原爆投下の約1カ月後、再び立ち上がった。県菓子協同組合連合会の創立50年史には、市内の業者たちが県からの指示で、軍に残っていた砂糖と油を用いて「芋かりんとう」を作り、市民に配ったとある。

 菓子博実行委員会の荒川宣昭事務局長は「戦争で市民の生活から一番先になくなるのが菓子だった。それを楽しめるようになることこそが平和の始まりだった」と話す。

 来年4月に開幕する菓子博の会場は、原爆ドームと通りをはさんだ旧市民球場跡地。市内には今、748の菓子店がある。

 会場では、地元の菓子職人が、砂糖や米粉で巨大な厳島神社の工芸菓子を作り、広島の菓子文化を輝かせる。実行委の伊藤学人事務総長は「原爆ドームと華やぐ会場から平和の尊さを感じ取ってほしい」と願う。

(2012年4月19日朝刊掲載)
[PR]
by my-heart103 | 2012-04-21 19:53 | コンサート、音楽