マイハートな話

okitanyome.exblog.jp

カテゴリ:ドイツ( 42 )

ドイツの家 その3

a0047200_2058769.jpg

ダンナが、
「ドルトムント市立オーケストラ」
に、入ったことで

メルヘンちっくな、可愛い街、
愛する「デトモルト」から

社会で習ったな~、っという「ルール工業地帯」
の、鉄鋼の街、ドルトムントに、引越し・・・・。



収納たっぷりの、広いお部屋で、

あったかな、大家のおばあちゃんと、ケーキ作ったり・・・

お庭で、ひなたぼっこしたり、

美しい小川沿いを、のんびりお散歩していた・・・のが


都会の、ど真ん中の、大通りに面した、
レストランの4階の、狭い部屋に、
・・・・引越した


ここの家には、5年も、住みました。


長男が、幼稚園に通い
次男が、生まれ

お友だちも、たくさんでき、

それなりに、楽しく過ごせました。


   「住めば都」
[PR]
by my-heart103 | 2005-10-07 20:56 | ドイツ

ドイツのおばあちゃん

a0047200_2152263.jpg
デトモルトの大家のおばあちゃん宅

“おばあちゃん軍団”の、
お茶会にお呼ばれ




a0047200_2162742.jpg長男が生まれてからは、
ホントの 『孫』 のように、
可愛がってもらった!

長男も、おばあちゃんちを、
「自分の家」
と思ってるんじゃないか・・・

というくらい、馴染んで 
毎日「おやつ」食べてた


1歳11ヶ月の時に、
デトモルト→ドルトムントに、引越したから、
息子も、記憶がないだろ~な・・・



a0047200_217212.jpg
ドルトムントに、引っ越しても、なにかにつけ

   『里帰り』

←ダンナの両親が、来た時


a0047200_2173663.jpg

 次男誕生の手伝いで、私の母が来た時→



ドイツを語るとき・・・
必ずおばあちゃん達のコトを、思い出します。


たくさん、たくさん思い出を、もらいました。


ダンケ シェーン!!

タンテ マリー
タンテ マルタ
タンテ アニー

      タンテ = おばちゃん
[PR]
by my-heart103 | 2005-10-06 21:02 | ドイツ

ドイツの家 その2

らせん階段の家を、1年で引越し。

同じ家賃で、3倍?4倍?の広さだもんネ。

10月2日の日記に書いた家は、ここの家のコト


4DK + 広い広~い収納 + 広い広~~~い庭


a0047200_2114612.jpg
黄色の線の間が、
私たちの住んでいた3階部分

屋根裏で、窓が天窓になっている他は、
いたって、普通の部屋。

その上の線の上が、屋根裏部屋で
かなり広く、洗濯物ほしたり、物置にしたり、
便利でした。


1階は、大家さんち。
おばあちゃん3姉妹が、住んでいました。

2階は、一人暮らしのおばあちゃん
・・・・だけど、よそに住んでいて、
ここには、1年に3、4日しか、帰って来ない。




大家のおばあちゃん達とは、家族のように
仲良くしていただきました。


また、ダンナが独身時代住んでいた、
寮の寮母さん (おばあちゃん)

近所のおばあちゃん

・・・と、たくさんの

 「 ドイツのおばあちゃん 」
に、可愛がってもらい、
幸せに、楽しく、暮しました。


a0047200_21171655.jpg
我が家で、
日本人音大生でコンサートを催し、
おばあちゃん達を、招待しました。






a0047200_21174949.jpg
長男の1歳の誕生日に、
ご招待したのは

もちろんっ!!

  おばあちゃん 5人

大家の3姉妹、元寮母さん、おとなりのおばあちゃん
平均年齢、推定で78歳・・・



ここには、4年間、住みました。


ダンナが音大卒業後、100km離れた、ドルトムントのオーケストラに就職・・・

引越しは、本当に本当に、かなしかった・・・
[PR]
by my-heart103 | 2005-10-05 21:12 | ドイツ

ドイツの家 その1

ダンナは、1980~93年
私は、1983~93年
ドイツに住んだ。

はじめ・・・
デトモルト音大に、ダンナが留学していて、
私も、そこに入ったわけ

その後、ダンナが、ドルトムント市立オーケストラに就職し
ドルトムントに、5年間住んだ。


a0047200_21234889.jpg
私が、ドイツに行って、初めて住んだ家が、ここ→




ドイツの家は、建ってから200年300年・・・400年と、
めずらしくもなくて、皆がふつ~に住んでいる。

これも、けっこう古い家だけど、
キレイにリフォームされ、ピッカピカ

3軒長屋の、真ん中だったけど、両隣も、日本人の音大生だった。

a0047200_21244289.jpga0047200_2125327.jpg








1階、2階に一部屋ずつ

新品の家具が付いていて、気持ち良かった。

らせん階段を、上がると、細長い2階・・・
この階段が、慣れるまで、大変だったわ~

ベットを、縦に2つ並べていた。


a0047200_21254825.jpg住んでいた、Muehlen str.は、
こんな感じの、石畳の通りだった。

ここへは、1年しか住まなかったな

友人が住んでいた、おおきな家が空いたので
そこへ、引越し
[PR]
by my-heart103 | 2005-10-04 21:21 | ドイツ

衣替え

衣替えシーズン

今日は、夏の服や、タオルケットなどを、かたずけた。


ドイツでは、夏っていっても、寒い日もあり

冬では、室内は暖房が効いてて、半袖でもいいくらい・・・

だから、大げさに、入れ替えたりは、しなかった。


今の、わが家は、収納が少ないので、

布団類は、圧縮袋に入れ、掃除機で、ガーーーっと空気を抜いて、
ペッタンコに、しなくちゃ入らない・・・・


服は、1枚買ったら、1枚捨てる・・・・

     ふぅ~~~ ヘ(´o`)ヘ


ドイツでは、収納が多すぎて・・・スカスカ~の
家にも住んだことがあったなぁ~~


だだっぴろ~い、屋根裏 

そして・・・・8畳くらいの地下室 + 洗濯室

そして・・・・階段のところにも、物置部屋

そして・・・・なんといっても、部屋が、
4部屋 + バス・トイレ(コレが8畳くらいの広さ)+ キッチン
まだ、子どももいなくって、この広さで・・・

      2人暮らし


うっうっうっ・・・うらやましすぎ~~~     “ むかしの、わ・た・し ”
[PR]
by my-heart103 | 2005-10-02 21:37 | ドイツ

ドルトムント電車

10年前に、一回だけ乗った

広島市内を走るドルトムントからやって来た 「 ドルトムント電車 」

中も、外も、ドルトムントのまんまで、感激ぃ~!


a0047200_19491585.jpga0047200_1950153.jpg









ドルトムントに住んでた時には、

10㌔離れていた幼稚園に通うのに、車で送り迎えしてたけど、
時々、ドルトムント市電の 「 一ヶ月定期 」を買って、乗ってた。

息子が、大喜びしたからね~

この茶色の電車も、よく乗ったなぁ~~

今は、ドルトムントも新しい電車になっていたから、
このタイプのは、ないのかなぁ??
[PR]
by my-heart103 | 2005-09-28 19:38 | ドイツ

うろこ雲

空を見上げたら、きれいな 「うろこ雲」



暑いけど、確実に 「秋」 なんだな~



長男の大学は、まだ夏休み。


ドイツの大学も、9月末まで、夏休みだったが・・・

学校が始る頃は、もう寒くて、暖房入れたりする時が、あるくらいでした。


           でも、夏休み!
[PR]
by my-heart103 | 2005-09-12 22:52 | ドイツ

ドイツ、シュタイナー病院

シュタイナーは、教育だけでなく、医学、農業、・・・・

いろいろあり、奥が深すぎて、私には、表面上のことだけしか、語れないが・・・。


a0047200_1457541.jpg

長男が、シュタイナー幼稚園に
通っていた1994年

次男を、シュタイナー病院で、
出産した。




西洋医学と東洋医学をミックスした感じ?もあるし、

音楽、芸術などを、治療に取り入れて、精神面から

人間の持つ自己治癒能力を盛んにするとか・・・。



風邪ひいても、
「ハーブオイル」 手首につけ におってなさい・・・・
          (薬とか注射しないのぉ??)


熱が出た時は、歩いて、熱を放出しなさい・・・・
(歩くのも、しんどいんですけど、寝てたらダメっすか?)


「ええぇぇぇ~~~」と、驚くことばかり!



とはいえ、最新の機械もあるし、すんばらしい、病院でした!!


森の中に、でっか~い病院だけしかなく・・・

8日間、入院しましたが

朝、馬で散歩する人の、「パッカ、パッカ」で、目覚めてました。
[PR]
by my-heart103 | 2005-09-10 14:54 | ドイツ

ドイツ、シュタイナー幼稚園

a0047200_1564322.jpg

長男が約3年通った、シュタイナー幼稚園 ドルトムント、シャルンホルスト



「 子どもをドイツで、シュタイナー幼稚園に入れたい 」

と、大学生の時から、思っていた。


子安美知子さんの書かれた、

「 ミュンヘンの小学生 」 「 ミュンヘンの中学生 」

という本を大学時代に読んで、衝撃だった!!

子どもを、ドイツでシュタイナー学校に入れた、大学の先生の書かれた、本で、

この本から、日本でもシュタイナー教育が

広く知られるようになり、「 バイブル 」のような存在なのだ。



偶然にも、東京の音大でのヴァイオリンの先生(日本人よ)のお孫さんが、

ミュンヘンのシュタイナー学校へ、通っていて、時々、お話を聴かせて下さった。


また・・・
音大寮で、同室だった子は、卒業後、アメリカのシュタイナー教員養成学校に行き、

シュタイナーの先生になったから、なんか、縁があったんかなぁ~



ずっと、憧れであったシュタイナー教育だが、

まさか!

自分がドイツに住み!

ドイツで子育てしようなど!!

そして、シュタイナー幼稚園に、わが子が、通うように、なろうとは・・・・


子どもを、ドイツやアメリカ、また世界各国のシュタイナーに
通わせた、という方の、体験記の本が、数多く出版されて、いるが・・・・

本にしたい気持ち、ワカル!!


たくさんたくさん、いろいろな体験し、書きたいことが、い~~~~ぱいあるもんね!


私も、息子といっしょにいい経験、体験をしました。

   息子に、感謝です!!
  


お部屋は、まるで、家庭のよう・・・
a0047200_1573539.jpg

[PR]
by my-heart103 | 2005-09-09 15:00 | ドイツ

クイモノのためなら、え~~んやこ~~ら

『らっきょう』 を、漬けた。 家中が、くっさ~

漬けたのは、ことし2回目。 2ヶ月前に漬けたらっきょうは、もう食べた!

a0047200_0155054.jpg
思いっきり、
から~~い らっきょう
が好きだから
自分で好みの味に
漬けるのが、イイね!

「とんがらし」は、見えにくいけど、漬け汁の上部に、いっぱい浮いている。



ドイツにいた時、手に入らないものは・・・根性で、なんでも作った。

もやし栽培
豆腐
こんにゃく
納豆   ・・・・etc.


「みなさ~~ん、今日は、ごちそうヨ!!」

「なっとうだぁ~~~!」
「わ~~、すっご~い」
「贅沢だねぇ~」


日本で 4パック¥100(広告の品)だけど、ドイツでは、1パック約¥200
(アジア食品の店で、冷凍)

8倍だね。


日本に帰ってきて、

なんでも簡単に買えるって、いうのが、一番うれしかったわぁ!
[PR]
by my-heart103 | 2005-06-20 23:13 | ドイツ